尿のセルフチェック

尿は健康状態をみるシグナルの宝庫

体内の不要物を含んだ血液が腎臓でろ過され、リフレッシュした血液は再び体内へ吸収されますが、ろ過して残ったものは尿として排出されます。
尿には、はがれた細胞や老廃物、余分な水分や栄養素、分泌物などさまざまな物質が混ざっています。
病気になると、尿に含まれる物質や尿量、尿のにおい、色、回数、出方などが変わります。
そのため、血液検査と並んで尿検査が診断上重要になります。
まずは、下記のチェック項目とチェック表で、尿の状態を確認して下さい。

尿の量をチェック

■回数と量が増えた

1.ビール・水などの水分をたくさん摂った生理現象のため心配なし
2.尿に甘い匂いがある糖尿病
3.尿に特別な変化はない腎臓病

■回数は増えたが量は少ない

1.排尿の始めに痛む尿道炎
2.排尿の後に痛む膀胱炎
3.尿が出にくく、夜間3回~4回トイレに行く前立腺肥大症・前立腺がん

尿の色をチェック

■色が濃くなった

1.高熱、発汗、薬の服用後にだけ尿の色が濃くなる尿自体は心配なし
2.体がだるく、食欲が落ちる肝炎

■血尿が出る

1.腹部に痛み・激痛がある尿管結石・腎臓結石
2.急に熱が出た尿路の感染症
3.痛みも熱もない腎臓がん・膀胱がん

尿のにおいをチェック

■いつものにおいと違う

1.強いアンモニア臭がする膀胱炎
2.甘ったるいにおいがする飲酒後なら問題なし、それ以外は糖尿病

尿のセルフチェック表

尿のセルフチェック表
セルフチェックの判定
尿のセルフチェック判定表

尿でこんな症状が出ていたら要注意!

頻尿

頻尿に注意

一日の排尿回数が10回以上ある場合、大量に水分を摂ったとき以外は病的な頻尿です。膀胱炎や前立腺炎、前立腺肥大症膀胱結石などが疑われます。
また、妊娠や子宮筋腫、卵巣脳腫など膀胱が圧迫されて頻尿になる事もあります。
神経性の頻尿もありますが、この場合は活動しているときにトイレの回数が多くなるだけで、寝ているときは普段と変わらず、尿の色も通常通りなので区別できると思います。
尿の回数が増えるだけではなく、量も増えてきたら糖尿病の疑いが濃くなります。
糖尿病になると大量の尿を排泄するため、ひどく喉が渇くので、見分けるポイントになります。
頻繁に尿が出るときは、放置せず、一度医師の検査を受けてください。

乏尿(ぼうにょう)

乏尿とは、尿の排泄量が低下した状態(一日の尿量が400ml以下)の事をいいます。
尿の量が極端に少なくなり、顔や体がむくんできたら、腎臓病にかかっている可能性が高いです。心臓病の場合も尿の出が悪くなります。
また、男性の場合、尿の量は変わらないが、チョロチョロとしか出ず、尿を出している時間が長くなるようなときは、前立腺肥大症の可能性があります。
尿路結石になると、尿がまったくでなくなる事があります。
尿の出が悪くなったと感じたときは、早めに医師に相談してください。

夜間の頻尿

一般的に、睡眠時間が7~8時間の場合、夜間は尿の生成が減るため、トイレに行かなくてもすみます。
しかし、腎臓のはたらきが弱くなると尿を濃縮する機能が低下し、朝まで持ちこたえられず薄い尿が出るようになります。
夜間頻尿の場合、十分な睡眠を取れなくなるので、日中に眠くなり仕事や日常生活に支障をきたします。この場合も早めに病院へ行って医師の診察を受けてください。

尿の泡

健康な人の尿の泡はすぐに消えますが、泡がなかなか消えない場合は腎臓がうまく働かず、蛋白(たんぱく)が出ている可能性があります。
また、糖尿病がかなりすすんでいる場合も泡が消えにくい事があります。泡がなかなか消えない時は、医師の診察を受けてください。

にごり

正常な尿でも、時間が経つとにごって見える事があります。これは尿酸塩やリン酸塩が出てくるためで特に問題はありません。
しかし、排泄したばかりの尿がにごっている場合は、膿や細菌が混ざっている可能性があるため要注意です。にごった尿が何日も続いたら、すぐに病院へ行ってください。

におい

尿のにおいは日によって多少変わります。アルコールを飲んだりにんにくを食べると、特有のにおいの尿が出ます。この場合は尿のにおいの変化の原因が明確なため、問題ありません。
心当たりがなく、強い悪臭や甘いにおいの尿が続けて出ている場合は、糖尿病や膀胱炎の疑いがありますので医師の診察を受けてください。

血尿

赤っぽい尿が出るときは、血が混ざっている可能性が強く、尿路系の臓器炎症や腫瘍、結石ができている可能性があります。
ただし、激しく運動した後にも血尿が出る場合がありますが、これは問題ありません。

残尿感

排尿後にまだ尿が残っているように感じ、何度もトイレに行くようになった場合は、膀胱や尿道に炎症が生じている場合が多いです。
さらに、老年期の男性の場合、前立腺の異常を知らせるシグナルかも知れませんので、早めに病院へ行き検査を行ってください。

尿の勢い

男性の場合、尿の勢いがなくなり、尿を出すのに長い時間かかるような場合は、前立腺肥大症や前立腺ガンの疑いがあります。放置せず、早めに病院へ行ってください。

痛み

排尿時に痛みがある場合は、尿道炎や膀胱炎、前立腺炎の可能性がありますので、早めに病院で受診してください。


その他の健康セルフチェック